スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポーカー・ルール

ポーカー

遊びかた

人数 2~6人

使用カード ジョーカーを除く52枚、チップもしくはそれに代わるもの 親の決めかた 仮の親が、よくシャッフルしたカードを左側の人から順に、1枚ずつ表向きに配ります。 最初にJのカードを配られた人がゲームの親になり、以後右まわりに親をつとめます。

目的 より強いポーカー・ハンド(役)をつくる。

カードの強い順位は、A・K・Q・J・10……2 スートの強い順位は、♠・♥・♦・♣ 同じ役を持った人が何人もいる場合は、まずカードの順位の高いほうを勝ちとし、 それも同じ場合はスートの順位の高いほうを勝ちとします。 ポーカー・ハンド(役) 強い順に説明します。

1. ロイヤルストレートフラッシュ 同種札で数字が1番高い順位にそろったもので、10・J・Q・K・Aとなります。

2. ストレート・フラッシュ 同種札で数字が順番に並んでいるものです。 ただし……K・A・2……とは続きません。

3. フォア・カード 同位札が4枚そろったものです。

4. フルハウス 同位札が3枚と、同位札が2枚の役です。 同じ役同士では3枚組で比較し、順位の高いほうが勝ちです。

5. フラッシュ 同種札が5枚そろったものです。

6. ストレート スートの種類に関係なく、 5枚のカードの数字が続いているものです。

7. スリーカード 同位札が3枚そろったものです。

8. ツウ・ペア 2枚ずつの同位札が2組。同じ役同士では高いほうのペアを比較して、順位の高いほうが勝ち。 それも同じなら低いほうのペアを比較して、順位の高いほうが勝ち。 またそれも同じなら、高いほうのペアで♠を持っている人が勝ちとなります。

9. ワン・ペア 同位札が2枚そろったもの。同じ役同士ではペアを比較して、順位の高いほうが勝ち。 それも同じなら、ペアの中で♠を持っている人が勝ちとなります。 用語の説明 ビッド チップを出すことです。

コール 先のプレイヤーと同数のチップを出して、ゲームを続けます。 レイズ 先のプレイヤーよりも多いチップを出して、せりあげることです。

1人1回しかできません。

ドロップ 棄権することです。

ドロー 場に捨てたカードの枚数だけ、ストックからもらいます。 チェック 2回目(ドローの後)におこなうパスの一種ですが、レイズはできません。 ポーカー 手札の中でできる役。9種類あります。 ルール 各プレイヤーは参加チップとして1枚ずつ場に出します。 親は、よく切ったカードを左側の人から順に1枚ずつ伏せて、手持ちが5枚ずつになるように配ります。残りはストックとします。 配られた手札を見て、親の左側の人から「ビッド」または「パス」を順に宣言していきます。誰か1人がビッドしたら、それ以後の人はパスできません。最初にビッドする人は、チップの枚数を言って場に出します。 (チップは最高何枚までと、決めておいたほうがよいでしょう。)

次の人からは、コールかレイズかドロップでゲームを進めます。レイズする人は、チップの枚数を言わねばなりません。 最高のビッドに対して、誰もレイズをしないままに1巡したら、1回目のビッドは終わりです。 ゲームに残った人が3人以上いた場合は、親の左側に近い人から手札を交換、ドローをします。 より強い役をつくるために、手札の中の不要なカードを場に伏せて出し、捨てた枚数だけ親からもらいます。親は自分で交換しますが、何枚交換したかを告げます。そして、それぞれ新しい手札を検討します。

ストック・カードがなくなったときは、捨て札を集めてよくシャッフルして、使います。 ドローが済むと、2回目のビッドです。新しい手札を検討し、1回目の最初にビッドした人から「ビッド」か「チェック」の宣言をしていきます。このとき、誰か1人がビッドをしたら、それ以降の人はチェックできません。 そして前回同様にコール・レイズ・ドロップをしてゲームを進めます。

最高のビッドに対して誰もレイズしないまま1巡したとき、このせりは終了です。手札を公開し、ほかのプレイヤーと比べます。その中で最強のポーカー・ハンド(役)を持った人が勝ちとなり、場にあるチップを全部獲得します。 また、ほかのすべてのプレイヤーがドロップをした場合も同じです。 こうして何回かゲームを続け、最終的には1番多くのチップを持っている人から順に、1位、2位、3位……となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする